« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009-06-25

ball boy & girl

Photo

ウィンブルドンも2回戦が終わり、順当に勝ち上がってる模様。杉山も3回戦進出で、最初にドロー見ておっ!と思っていたのが3回戦まで勝ち進めば杉山VSジェンジー(中国)が見れるのではと。しかし、ジェンジー、負けちゃいましたね。で勝ち上がったのが杉山とダブルスの相方、ハンチュコワ。お互いダブルスに影響しないのか心配。オレだったら負けたらもの凄く影響する(笑。

で、全仏でフェデラーと大熱戦を演じたトミー・ハースVSマイケル・ロドラ戦で2つの珍事が。

一つ目はロドラがドロップショットを追いかけてボールガールに激突。抱っこして起こして、ハグしてます。なんだかちょっと微笑ましい。

で、その後ロドラはリタイアするんだけど、試合後にハースがボールボーイとボールガールに自分のラケットを渡してコートに入れて自分は線審を!その後、ハースもコートに入って一緒に打ち合います。↓の動画はちょっと遠いけど、声だけで場内の盛り上がりが伝わってきます。気が利いたファンサービスだなー。また好きな選手が1人増えました。

| | コメント (2)

2009-06-23

開幕。

2

ローランギャロスの熱気も覚めやらぬまま、いよいよウィンブルドン開幕です。
錦織圭も、そしてディフェンディングチャンプ・ナダルも欠場だけど、全仏を獲ってかつての自信を取り戻したフェデラー、真価が問われるソダリング、母国イギリスのヒーロー・マレー、そして推薦枠で本大会出場のクルム伊達と、また色んなドラマが生まれるだろう。
なんだかんだいってウィンブルドンが一番好き。学生の頃からNHKで見れたからかな。1年でこのたった2週間のためだけに手入れをされるセンターコートの芝生。そして、その綺麗な真緑に映える白を貴重としなければならないユニフォーム。かつて"派手派手なアガシがウィンブルドンに何を着るのか?"って注目されたときに足の先から頭の先まで真っ白で現れた姿が凄くかっこよくて、今でもあれ以上かっこいいユニフォームは見たことが無い。そういえば今大会からセンターコートに屋根が付いたらしく、雨の際にあの芸術ともいえるコートセーバー達が見れないのはちょっと寂しいな。
ああ、毎日帰ってテレビつけるとテニスやってると思うと…、楽しい。また眠れぬ夜が続く…。
今大会からiPhoneに対応した公式アプリがリリース!伝統と先端のテクノロジー。気が利いてる!

Photo

先週末はママが広島なので久々にひとりで子守り。といっても、実家に連れて行けばいとこ達がたくさん遊んでくれるのでなんとかこなす。で、翌日はママを迎えに広島へ。あんまじっくりと廻れなかったけど、やっぱ広島はええなー。なんか落ち着く。人も街もちょうどいい。またすぐにでも行きたい。なんならもう一回住みたい。なんてね。

| | コメント (1)

2009-06-18

ハピネス!

Photo2

曽我部恵一バンドのニューアルバム、"ハピネス!"。

小難しいウンチクや深読みなんてひとかけらも無い純粋なロックンロールだから、あーだこーだ言ってもしょうがない。とにかく聴いて感じるのみ。聴き方や感じ方なんてもちろん人それぞれ。当たり前の音楽、音楽の当たり前。そんなアルバム。

Photo3

先日発売された"honnin"改め"本人"の巻頭特集が「忌野清志郎、本人。」
クイックジャパンに掲載された「ロックで独立する方法」っていうキヨシローが語った数少ない人生論のの再掲載。で、曽我部さんとキヨシローがちょっと被るんだよなー。これ読んでもそうだし、ハピネス!聴いてもそうだし。曽我部さんは文字通り自分でレーベル立ち上げて「ロックで独立」をしたからなんだけど、"自由"ってキーワードが同じなんだなー、たぶん。まあ、読みながら曽我部さんじゃん!って何度も思った。

ハピネス!の3曲目に"明日と夢と"っていう、ギターの上野くんがリードボーカルをとる曲があるんだけど、なんだかジーンとくる。そして、なぜか以前ちょくちょく見てたブログを思い出して久々に見てみると、まさに昨日ゴールして帰国してた。スゲー。

CYCLE CARAVAN blog

これタンデム自転車に乗って世界旅行をしている夫婦のブログ。絶対なんて無いって言ったりもするけど死ぬまでに絶対無い!って言い切れる僕にとってはまさに夢のまた夢のお話。でも、凄くあこがれるんだなー、こういうの。あー、いいなー。絶対なんて絶対あるよなー。

あーお腹すいてナニ書いてるかわかんなくなった。帰ろ。

追記:
と思ってPC閉じてて、もしや?と思ってiTunesで"更新を確認"をクリックしてみると、おお!アップされてるじゃん!めでたくOS3.0です。ワーイ!

| | コメント (0)

2009-06-15

@cafe

昨日は家族で鞆の浦の@CAFEに。
ここのマスターさぶちゃんは小・中学の2コ下で、しかも妻の幼馴染み。さぶちゃんの元実家は今僕の住んでいる家(妻の元実家)の真向かいなのです。もしさぶちゃんが結婚して住んだら町内も楽しくなりそうだな~。

さぶちゃんもお店も相変わらず、すごーくユルくて気持ちがいい空間。子供たちもなぜか裸足になってキャッキャはしゃいで嬉しそう。福山では貴重なお店だなーと改めて実感。また行きたいな。

Acafe

| | コメント (1)

2009-06-13

夜にうごめく人々

061201

ワンセグ聴きながら残業中。

さっき探偵ナイトスクープ

3.『夜にうごめく人々』たむらけんじ探偵
大阪府の男性(37)から。トラック運転手をしているが、深夜に国道を満載の荷物を積んで走らせていると、時たま孤独に陥る。そんなとき、真夜中の2時や3時、4時になっても歩いている人を見つけると、ほんの少し孤独が紛らわされる。そこで、夜な夜な歩いている人は、こんな時間に何をしているのか、とても気になる。見ず知らずの人でも興味がわくので、調べて欲しいというもの。

てのがあって、1人目の「仕事帰りです。。。」って言ったヘッドフォンの人が大坂のレコードショップの方。たむけんが「何考えて歩いてるんですか?」の質問に「こんな世の中だからレコードショップも厳しい…。だけど好きなことだから頑張ろう…とか思ってました。」って言って、さらに「何聴いてたんですか?」て聞かれて「フィッシュマンズです。」って、バックにフィッシュマンズの"いかれたbaby"が流れる。なんだかオレもがんばろって勇気づけられてitunes立ち上げてフィッシュマンズを聴いてる。ほんの少し孤独が紛らわされた深夜2時の一期一会。

Fishmans - いかれたBaby

| | コメント (1)

2009-06-11

池袋交差点24時

Collectors

木曜日の楽しみといえばテニスの練習なんだけど、もうひとつがこのポッドキャストの更新日。
放送室が終了して、取って代わるようにスタートしたTHE COLLECTORSのポッドキャスト"池袋交差点24時"。
最後のほうの放送室はちょっとマンネリ気味で、今や放送室よりも面白いかも!2人のトークが面白いのは前から知ってたけど、こうやって改めて掛け合いを聴くとそこら辺のお笑い芸人よりぜんぜん面白いし、やっぱひとつひとつかっこいいんだよなー。加藤さんなんて、1960年生まれだからアラフィフ(笑)だよ!経験値と造詣の深さがハンパないし、なんせ歌同様に声としゃべり方が最高。今何が面白い?って聞かれたら"池袋交差点24時!"って言うんだけど、引っかからない人は引っかからないんだよなー。まあ、百文は一聴にしかずだから、聴いてみて。


↓初期の名曲は今聴いても最高にロマンティック!

The Collectors→ぼくのプロペラ

THE COLLECTORS chewing gum→TOO MUCH ROMANTIC! 1988

↓GLORY DAYSとGiuliettaはモンドでよくかけてたなー。かける度にマスターが飛んできて「日本語禁止!」って怒られたなー。でもかけてたけど。もう10年以上前かー。

GLORY DAYS/The Collectors

The Collectors/Rocketman~Giulietta

世界を止めて(1993)


で、久々に聴こうと思ってyoutubeで検索かけると、KoinoPinchHitterさんて方がコレクターズの曲をいっぱいアップしてて、その右上のコメントが素敵すぎなので、引用すると。

・久しぶりに彼等の曲をupしてみたいと思います。例の如く手作り 感溢れる画像ですが、マイPCのソフトで(相変わらずコピペ&色 づけetcの加工が主ですが)一生懸命に作成しました。ちゃんと 貼れてるといいのですが(汗)。

とか

・毎度x2荒い[切り貼り塗り加工]にてすみません。これでも痛い目をつまみながら(笑 )数時間かけてこしらえました。画像加工に関してはかなりのドシロウトなのでどうか御了承下さい。最初奥田さんの曲のみuploadしようとしていたのですが"この曲はキーを合わせた(これも素人の憶測ではありますが)vo.バージョン"だったのを思い出し、初めて聴かれた方もいるかもしれないので・・・もうひとつのお気に入りであるスタールースターとの2曲構成にする事に・・・って言ってますがupload出来ているだけでも有難いのにホントに偉そうに言ってたらこれ又すみません。いつも感謝しています 。両方共に名盤です。つか綴り合ってるでしょうか(汗)。

とか、"愛ある世界"のコメントなんてなんて

・いつものように(不器用なりに)マイPCのペイントソフトを使い画像をこしらえてみました。コピペと手塗りです。これでも3時間以上かかってると思います{汗}。ど素人なので相変わらず下手くそな画像にてすみません。世界がこの歌の歌詞のようになればいいなぁと願い、UPさせてもらおうと思います。いつも(紹介させてもらえ)有難うござい ます。感謝しています。

って、ああ、心温まるなー。好きなんだろーなー。ほんと素敵すぎます!絶対、いいひとだ!お友達になりたい。

The Collectors/愛ある世界

| | コメント (0)

2009-06-10

warashi. b

Warashib_8

ハニカムブログ、zozopeopleと並んでファッション業界人が集う3大ブログ、フイナムブログに日本一の妄想家、渋谷直角さんが参戦!warashi. b(これアニエスのパロだとドットがbの後ろだよな、なんてどうでもいいか)。これが相変わらずバカバカしくてオモロ。"昨日は青山faiでパーティー"のくだりとか最高。オフィシャルブログのロベルトノートも最高なので要チェック!
そいえば、フイナムの編集長・蔡氏の代官山通信は僕がネットを始めてからずーっと読んでる長寿日記のひとつ。今でこそブログだが、まだhtmlで更新されてた。あとは水本さんの日記水道橋博士の日記

3gs

WWDCが終わり、iPhone 3G SおよびOS 3.0の全貌が。OSはコピペなど前予想通りのアップデート。新機種は動画が良さそう。あと、タッチ操作でピントを合わすことができるオートフォーカスの3Mカメラもいい。現行iPhoneのカメラは2Mで期待してなかったけど、一年使って写真はもっぱらiPhoneばっかり。ゆうに1000枚は超えてます。なんか味があるし、アプリも豊富。ピクセルだけじゃないなーと思い知らされた。まあ、なんにしろ来週が楽しみだ。

↓の写真ももちろんiPhone。

061001_3

061002_3

この前、"はじめてのリュック"を買ってもらってゴキゲンなチビたち。大きくなってきたもんだ。

| | コメント (3)

2009-06-09

Roger, Greatest Of All Time !

あー、なんかバタバタした週末だったなー。

Photo5

さてさて、狂ったように録画していた全仏もフェデラー優勝で幕を閉じました。
決勝はフェデラーVSソダリング。両試合とも史上稀にみるほどの死闘だったセミファイナルを勝ち上がった2人。

Photo8

フェデラーはハース戦後の記者会見で
「もしも僕が決勝まで勝ちあがったら、多分優勝できるはず。なぜなら、ナダルと決勝で戦うのとほかの選手と戦うのでは違う。ナダルはここで4年間勝ち続けてきて、経験も自信もあるんだ。」
と言い切ったそのままに、今大会で影を潜めていた素晴らしいスタートダッシュだった。突き抜けた集中力、経験、自信に裏づけされたショットは息を呑むほど美しく、グランドスラム最多優勝そしてなんといっても世界中の誰もが待ち望んでいた生涯グランドスラムに相応しい貫禄のテニスだった。

Photo7
一方、負けたソダリングは2セット目でやっとらしさが出るものの、やはり重圧に圧倒されただろうし、フェデラーの経験と気迫に圧倒された。
ゴンザレス戦後の記者会見で、普段のロッカールームなどでの態度の悪さを記者に指摘されたが(決勝前にそんなこといいじゃん!って思ったよ)、
「内向的だというのは確かじゃないよ。確かなことは僕は変わらないと言うこと。
でも彼らは正しいのかもしれない。挨拶していなかったのかもしれないけど、僕は試合の前はいつも緊張していて、すこしナーバスになっているんだ。だから試合の前はあまり話したくないんだ。僕はそういう人間。ほかの選手は関係ないよ。」と言った。
ナダルを破って、このようなゴシップでヒールのイメージが付いていたが、テニスの試合に勝つということはそういうことなのかもしれない。前にも書いたけどナダル戦から決勝までの4試合を見て、僕はとにかくコートチェンジの際にタオルを頭からスッポリ被る姿がとても印象的だった。その集中たるや半端なく、声を荒げず、感情をあまり見せない姿は試合を見ていくうちにいつの間にか好意的なものに変わっていた。そして、表彰式のユーモアのあるコメントや表情はヒールの欠片も無く、とても素敵だった。プレースタイルも含めて好きな選手がまた一人増えた。

Photo6_2
プレゼンターのアガシ!男子ではアガシ以来の生涯グランドスラム。

で、この週末はテニス仲間の結婚式が2件ありました。

Photo4
スノウチ君、マリオちゃん、おめでとう!2人の人柄そのままのとても楽しいパーティーでしたよ!

あともうひとり、僕の大好きなお兄さん、梅田さんも結婚されました。パーティーには出席できなかったけど、ちょこっと会えて良かったです。末永くお幸せに!

Photo2

で、昨日は"Ray Barbee Meets The Mattson 2"を見るため岡山へ。
Tommy Guerreroの盟友でありプロスケーターのRay Barbeeと双子のミュージシャンMattson 2。いやー、これが素晴らしく良かった。CDだけでは伝わらないジャズ/ブルースを基調としたジャム・セッションの生感がビンビンに伝わって最高にかっこいい。スポンサードしているTHE NORTH FACEの空とか花の映像がバックに流れてて、スーツにネクタイ姿のプロスケーターがスタイリッシュな双子バックに最高の笑顔で奏でるジャズ!ジャズ特有のシリアスさがまったく無く、超グルーヴィーでなんかフレンドリー。ゲレロにしろトーマスキャンベルにしろ、それこそジャックジョンソンやドノヴァンにしろずっと自然に囲まれて愛しているアーティストってユルいんだけどかっこいいなーと改めて思う。まったく肩肘張らないけどすごくお洒落。今の混沌とした時代には特にね。丘サーファー/スケーターですら無いんだけど、脳内スケーター(笑)な僕はあのライフスタイルにすごく憧れる。声をかけていただいたタケダさん、イサカさん、ありがとうございました!

で、岡山ってことで超久々に高校の同級で同じクラブだったニノのお店"AZZURRO"へ立ち寄る。もうオープンして七年目。ところどころアップデートされて味も出てきて、相変わらず綺麗で小さなお店。あいつは体こそ小さいんだけど、ホント寡黙で頑固一徹。出てくる料理はそれに裏づけされるような繊細なもので、本当に心の底から美味しい。まあ、僕も食通なんて程遠いほど鈍い舌なんだけど、最初から一徹してる、素材の持ってる味を最大限に活かすニノの気持ちと腕が十分に伝わる。前に友人がブログのコメントに「続けることはとても尊いことです。」って書いてくれてたけど、ニノの作ってくれた料理を食べてるとそんなことを思った。そして、自分も頑張ろうと。まあ、ほんと美味しくて、あいつの料理を食べると誰もが幸せになれるんじゃないかなー。ちょっと褒めすぎか。まあ、お近くに行った際はぜひ一度。完全予約制で3800円と5000円のコースのみ。うーんそのあたりも堅い!でもまったく肩肘張る感じは無いですよ(笑。

■アズッロ■
岡山市石関町5-3 窪田ビル1階
℡086-226-2123
営18:00~23:00  ※要予約
水曜定休

Photo3

そんなニノもついこの前子供が産まれて念願のパパに!とても嬉しそう。「写真見る?」ってはにかみながら出してきた数枚の写真の中にセロテープを丸めて両面テープにして貼ってる一枚があった。恐らく厨房のコンロの前に貼って眺めながらフライパンを振ってるんだろうなー、と思うとなんとも微笑ましい気持ちになった。

| | コメント (4)

2009-06-03

世紀のアップセット

Rafa_2

お久しぶりです。毎日毎日、狂ったように録画して狂ったように見ている全仏もいよいよベスト8が出揃い終盤へ。ベスト16まではサフィンとシモン、そしてジョコの敗退以外は上位選手が勝ちあがり好勝負が繰り広げられているのだけど、なんといっても一昨日、昨日は衝撃的。狂った自分に呆れた家族が寝静まったテレビの前でひとり、思わず声を上げてしまうほど。
一昨日はナダルが負けた。全仏では負けなしの4連覇、誰もが認めるクレーの王者。しかも今年はハードコートの全豪を制し、年間グランドスラムに最も近い男。あのナダルが…。4回戦で消えるなんて世界中のだれもが予想していなかっただろう。翌日はみんなあれやこれやと敗因を探していたけど、試合を見ていてナダルの調子云々よりも、相手のソダリングが良すぎたことに尽きると思う。それはそれは本当にアグレッシブで、まったく守りに入らず、ミスを恐れず終始攻め続けた結果だ。ソダリングは以前の対戦でナダルを茶化したり(結果ボロ負け)悪名が高いヒールなのだが、ゲームが終盤へと進むにつれ全仏のヒーローであるナダルよりも観客の声援が多くなった。そのことにTVの前でちょっと驚いたのだけど、気付けばまったく同じ気持ちだった。王者を前に1本のミスも許されないほどヒリヒリとしたソダリングの集中力が会場全体に伝わったのだと。チェンジコートの際に毎回タオルをすっぽりと頭にかぶり、自分以外を全てシャットアウトし次のゲームへと立ち上がる。世界中の誰もがナダルの勝利を信じていたが、ソダリングただ1人だけ自分の勝利を信じていたのだと思う。

Roger_2

で、昨日のフェデラーVSハース。2セットダウンで、まさか!まさか!とハラハラしたけど、第3セットの3-4で迎えた第8ゲーム30-40。ハースのブレイクポイント。絶対に取らなければいけない一球に弱気が見え隠れする。それを見逃さず強烈な逆クロスウィナーを決めたフェデラー。あのたった一球で息を吹き返し、直後の神懸かったブレイクゲームで試合を決めた。前日のソダリン グとはまったく対照的だった。

ああ、それにしてもナダルが負けるとは、なんてテニスは面白くドラマティックなんだろう。試合後の記者会見で、「優勝は?」と聞かれ、「いい選手が勝ち残ってるけど、もち ろんロジャーだよ。」と答えたナダルの為にも、フェデラーには是非とも優勝して欲しいし、優勝して生涯グランドスラムを手にするべきだと思う。対戦相手は マレーでね。


Photo   
双子は言葉が遅いなんていうけど、うちの子供たちは果たしてしゃべるのだろうか?なんて親の危惧も他所に毎日毎日新しい単語が脳にインプットされてます。子供の成長は本当に楽しいし不思議なこと満載。赤ちゃんぽさが取れるにつれて嬉しいけど寂しいというなんともいえない感じがちょっとわかる。

 

| | コメント (2)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年7月 »