« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007-03-28

谷口ジローばかり読んでる。

やっと暖かくなってきましたね。春です。

Taniguchi01

子供が生まれてからというもの買った雑誌とマンガが読みきらない。竹光侍、PLUTO4、鈴木先生2、Hon-Nin3、etc…。今までそんなこと無いんだけどある意味これは贅沢なこと。子供の成長と共に追いつくだろう。そんな中、優先順位が高いものから読んでるんだけどここにきて谷口ジローが最高だ。石塚真一の"みんなの山~岳"(進行形で連載も読んでるけどまったく衰えることなく最高!)から自分的アウトドアブームもあいまって山岳コミックを掘ってると夢枕獏原作・谷口ジロー画の"神々の山嶺"ってのを知る。デラックス版のみで1050円×5巻だからさすがにちょっと高いなーと思って古本を探していたところ昨年末からちょうど文庫が出てて一気に揃える。久々にきた。点と点が繋がる巧妙なストーリー展開、魅力的な登場人物、細かい心理描写、そして谷口ジローらしい繊細すぎるほど繊細かつダイナミックな画。マンガの素晴らしさを存分に堪能できる。山に登ることなんてまったく興味が無かったけど、ああそういうことかってのがわかった。植村直己とか野口健の見る目が変わります。ただ、画が良いだけに文庫サイズでは物足りないのでいずれ大判も揃えたい。
で、谷口ジローに魅せられて"父の暦"、"犬を飼う"、"孤独のグルメ"を購入。これがまたどれも秀作で外れナシ!男子だと何かしらあるであろう父親へのわだかまり。そのわだかまりを抱えたまま遠い故郷で父が亡くなりなりお葬式で親戚から自分の知らない父親を知る"父の暦"。愛犬の最後を看取るまでを繊細に描く短編集"犬を飼う"。どちらも私小説のようで何気ない誰にでもあるであろう出来事なんだけど、それだけに感情移入もしやすいのかな。昼食後、喫茶店で思わず涙が溢れそうになって読んだあとはなんだか胸がスッとした。山田太一とか倉本聰の世界にも通じる。最高です。これはホント誰にでもオススメ。

先日NHKでラストメッセージっていう特集をやってって、手塚治他も素晴らしかったんだけど、植村直己も。この日は華麗なる一族の最終回が重なり、家のも実家のレコーダーも悲しいかなそっち優先。仕方なくお店のビデオで録りました。今夜見ます。楽しみ!

あと、明朝はこんなのもありますね。テレビでJJだ。
http://www3.nhk.or.jp/hensei/program/p/20070329/001/10-0825.html

| | コメント (2)

2007-03-21

春にしていつも想うこと

Img_0438_02
今日は朝からテニスの試合。孤独なシングルス。勝って負けて終わった。2回戦の対戦相手はその後も順調に勝ち上がっていたなかなか手強い相手だったんだけど、強い人とやるってのは凄く面白い。しかも今日はお互い卓球でいう前陣速攻型でずっと打ち合ってると拳と拳を合わせる感じに似てる気がする。その上とても気持ちの良い人で、いつも思うんだけど勝とうが負けようが気持ちの良い人とプレイするってのがとても楽しい。負けても素直に応援したくなる。今大会でやっと自分のプレイスタイルが確立した。今のままだとまだまだ勝ちあがれないけど、スタイルを崩さずのんびり楽しくやることにした。子供たちが応援に来てくれるまでにはそこそこ勝ち残れるようになりたいな。

Img_0433_1
先日、日記にもでてくる横浜の友人が父親の還暦祝いで帰省してモツ鍋。
頻繁に電話・メールでやり取りしてるので、久しぶり感がゼロ。その上、話すこともいつもの電話とメールの延長。その内容も実にオタク感満載で、高校の頃からまったくかわんない。何歳までこんな感じなんだろうってふと思った。まあ、そんな友人もそうそういないのでオモろいんだけどね。それにしてもモツ鍋って美味しいね。写真も彼らしくいい顔してます(笑。


さて、本日付けでお店を開けて丸々3年。毎年この季節の匂いとか空気は涙の開店前夜を思い出させてくれるんだけど、今年はなんだか寒いね。これから徐々に暖かくなって、またあの匂いがするだろう。それにしても3年。よくやったようなやってないような、まだまだやってないこと山積みなので、この節目に気合を入れなおして明日から4年目突入です。感慨にふけようと思えば果てしなくふけれるんだけど、初心だけは忘れず後ろは振り向かないことにした。

| | コメント (4)

2007-03-06

20070306

昨日今日と春の嵐。春の嵐ってのはなんだかいい。
凪の初節句も無事終わりまして、子供たちは日に日にスクスクと育ってます。
次は百日でその次は温の節句。イベント続きですが、あー家庭を持ったなと実感。

Img_0266_1
奥さんが超豪華なちらし寿司を作っててビツクリ。旨。

Img_0335_4
先日の大阪出張で肉塊からプレゼント。スイスのNievesから出版された"COSMIC WONDER FREE PRESS"。届かないかっこよさ。マルジェラとかと同じ匂いがする。日本のブランドじゃないみたい。刺激されるなー。頼んでないポスターも買っててくれて、久しぶりに気が利いてた。いや、はじめてかも。

Img_0197_3Img_0199_1Img_0235_1
"おっさん劇場"
前評判通りヤバかった。ある意味見てらんないんだけど、松ちゃんはもう野見さんは神だって言ってたのが救い。あんな感じだけど愛情たっぷりなんだよなー。今晩が後編。いよいよ吉田さんがスパークか?


本日のドキュメント72時間は「福岡 人情屋台通り」。今月で終わってしまう。ああ、惜しいな。火曜の夜はパーフェクトだったのに。



 

| | コメント (1)

2007-03-02

PHOENIX !

気持ちのよい日和が続いてる。昨日の夜テニスでも春の匂いがした。

Phoenix_1
一昨日、PHOENIX IN OSAKAに行ってきました。真っ暗なステージから"NAPOLEON SAYS"の例のイントロでメンバーが浮かび上がった瞬間、鳥肌&涙。終始、前から後ろから白色で発光される照明とストロボで照らし出されたモノクロームなステージ。まるでファッション雑誌から飛び出してきたかのようなスタイリッシュな佇まいにクラクラになりました。声がもうね、楽器みたい。リリース時には正直そこまでじゃなかった3rdもライブまでにやっと追いついて今は一番好きかも。先日の曽我部さんにも共通して言えることは、オーディエンスがどうやったら楽しめるかっていう装置とパフォーマンスが徹底されてる。台本が徹底されてるんじゃなくて、その意識が秀でてる。だからおのずとステージにグイグイ引っ張られて、客席からもグイグイ引っ張る。ライブはやっぱそんなのがいい。

ああ、楽しかったな。

Img_0195
先日のライブをブチ込んで旅のお供。大阪、あっという間。



Img_0179

Img_0182 Img_0182 Img_0182 Img_0182 Img_0182 Img_0182 Img_0182
大阪に着くとついてきた肉のかたまり。
仲良しの2人の邪魔をしちゃいけないから別行動を提案しようと思うも、結局断念。

| | コメント (3)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »