« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006-12-22

三夜明けて。

沢山の人たちにお祝いの電話やメールを頂いて、ほんとうにありがとう!ああ、お父さんは頑張っちゃいます!
二人の子供たちは顔がぜんぜん違って、男の子はかなりシャープな印象で、女の子は完全にオレ顔!こりゃ、大丈夫かな…(笑。いきなり2人を授かるなんてホント贅沢だなと神様に感謝です。

神様といえば、妻は妊娠してから戌の日のお参りに行って御札をいただいて朝晩、毎日お祈りを欠かしませんでした。亡くなったじいちゃん、ばあちゃんとおじちゃん、おばちゃんにお願いしてたのです。どうか見守ってくださいって。僕はサボりがちだったけど、ふとあるごとに天を仰いでいつもお願いをしたのです。だから何事もなく無事出産することができたのはもう今はいないけどどこからか見守っててくれたのではないかと昨日帰る車の中でふと思った。もういい歳になったけどじいちゃん、ばあちゃんはいつまでも僕らを甘やかしてくれるのです。いつもありがとう。お墓にも報告に行かなきゃね。

で、名前が決まりました。

男の子は温(はる)
女の子は凪(なぎ)

色々な思いを込めて2人で決めた名前です。

ああ、このままだと双子パパの育児ブログになってしまいそうだ。って、今までも仕事のことはたいして書いてないんだけどね。その辺りはうちの敏腕バイヤーのブログをチェックしてください!
http://blog.livedoor.jp/jyminoue/


キング・オブ・メロウロック、曽我部さんのニューアルバムが本日リリースです!

2006122f052f072fa00779075f144116192ejpg

"LOVE CITY"
http://jymandrecords.com/?pid=2678923

何度も聞き返しましたが、聴けば聴くほど最高。胸躍るアーバンソウルから始まりロックンロール、メロウグルーヴ満載・満腹の全9曲。一家に一枚とはこのことです。

でー、来年早々にはバンド丸ごと福山に!福山でだよ。うわー、楽しみ!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006-12-20

新しい生命

本日、待ちに待った2人の子供たちがこの世に生を受け誕生しました。

予定日は12/23。お腹の中に二人いるわけだから、双子は一人よりも2週から3週くらい早いのが定説で、妻は12月に入ってすぐに管理入院をしました。が、待てど暮らせど陣痛が来ない。この前も書いてたようにPAMのイベント前(12/15)にはさすがに産まれてるとばかり思っていた…。もしかしてイベント当日?なんてことももちろん頭をよぎるわけで、まったく落ち着かずソワソワの毎日でした。でも、そこはさすがに空気を読んだのかイベントが終わりちょっと落ち着いた本日、やっと母親のお腹から出たがったのです。39週と3日。

僕と妻も39週目までくるとさすがに心も体もわりと限界で子供のことを思うと帝王切開も辞せ無い状況だったのですが(しかも女の子は逆子)、自然分娩で生むことが出来たのは病院・先生の意思ある方針とプロフェッショナルな技術のおかげ。それには本当に感謝です。

立ち会うことは最初から決めていたのですが、それは想像以上に壮絶なもので期待と不安が入り混じり今まで味わったことのない感情の高ぶりが押し寄せて得も言われぬ喜びへと繋がるのです。なかなか言葉にすることができない。まあほんと月並みだけど、母は強し「こりゃ、かなわないわ」と純粋に思った。本当によく生んでくれました。ありがとう。

ほんの数時間前の話で何を書いていいのか頭の整理ができず支離滅裂ですが、とにかく今思うことは産まれてきた子供たち、小さな体で育て産んでくれた妻、万全の体制で取り組んでいだいた先生および看護師の方々、そして今か今かと祈ってくれた家族・親戚や友人たちみんなに感謝の気持ちで一杯なのです。


2006年12月19日18時55分 第一子・男の子 2796g
2006年12月19日19時00分 第二子・女の子 2465g


父親になりました。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006-12-17

昨日は。

JOURNARIZED release tour @ MONDO CAFEに来てくれた皆さん、ありがとうございました!まったくもって師走のど真ん中にもかかわらず、嬉しいかぎりです!実際のところ集客面でとても心配をしていたのですが(11時の時点ではモンドの隅っこで三角座りしてずぶ濡れの子犬のように震えてました…)、ミズモトさんのDJはどんなキャパにもフィットさせる素晴らしいプレイで終わってみると思わず顔がほころびました!流石です。サポートのヨッピー、カンゴ(深い時間にゴメンね)、ありがと!AFO-ROCK隊長も忙しいところ気を使わせてゴメンね。T-MORIはまあいいか。

ミズモトさんがもう日記をアップしてくれてます。感無量。
ミズモトさんに会うといつも何かがリセットされます。今回も話の端々に色々なことを教えていただきました。本当にありがとうございました!

http://d.hatena.ne.jp/dateo/20061217


さて、これから吉野家に一人で行って帰ります。久々に午前3時のひとり吉野家。これがもう恐ろしく寂しくて、思わず涙が溢れます。子供たちはまだお腹の中。これを思うとなんだって…。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-12-15

さてさていよいよ本日ですよ。

12月です。イベントと出産をひかえ連日連夜前倒しで仕事をしてるのに、いまいち前に倒れません。なんなんだろう。

子供たちはいつ出てきてもオッケーなのにお母さんのお腹の中がよほど居心地がいいみたいで出たがりません。安静のためもう10日以上入院してるんだけど、入院してからというものまったく落ち着かない。いつも携帯の電池と電波をマックスにして待ち受けてます。

と、いうわけで本日いよいよPAM a.k.a ミズモトアキラ氏、久々の福山です。場所はこれまた久々のモンドカフェ!新生ミズモトアキラのDJが堪能できるのは福山ではモンドカフェだけ。忘年会が無い人は忘年会気分で忘年会のある人は忘年会気分を引きずってそのままなだれ込んでください。よろしくです!!

Journalized Release Tour In Fukuyama
2006.12.15.Fri At Mondo Cafe!
Start 21:30 / Adv.1500yen(w.1drink) Door.2000yen(w.1drink)
DJ : PAM a.k.a AKIRA MIZUMOTO
      AFO-ROCK, FYC peech boys(ヨッシー&カンゴ),  T-MORI, JYMRECO



Pam_flyer_omote_s_1

さすがにイベントまでには産まれてると思ったんだけどなー。突然姿が消えたら、それだと思って南東の方向を向いて祈ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »