トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006-09-30

残すところ0日。

Red

いよいよ明日です。ヨッシーがいいこと書いてるな。http://www0.yapeus.com/users/nurumayu/

初めてカジ君を呼んでイベントしたのが6、7年前くらいかな。思えばあれが始まりだったような気がする。あれから街も人も周りもいろいろと変わった。でも、明日はまたあの時と同じ場所でカジ君が歌うんだ。あのころの空気を少しだけ思い出しながら今の自分と照らし合わせてみよう。楽しい夜にしましょう。

↑上の写真は2004JULYのカジ君の日記より。福山カフェライブお別れ前の一枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006-09-28

寝る回数はあと3回ほど

つい一週間を切ったと思ってたのに、もう3日前だ。なんなら2日前だ。イベント前はなんだか仕事も何もイベント進行になってバタバタとしてしまいあっという間に当日が来るのがいつもの調子。今回も例外なく脳みそがグルグル回ったと思えば突然フリーズするといった感じでなんだか落ち着きがない。今日は先日のドンMZT氏に続き、当日唯一のローカルサポートDJにしてローカルヒーロー、福山のハテナ王子ことチーム・ブレッディスタ主宰(主食はパン(オシャレだから)、そしてメンバーのあだ名の語尾にはsta:~スタをつけるのがルール)の吉田王子から「オレがいるからだいじょうぶっすよ。当日は大成功間違いないっすよ。」と太鼓判をもらいましたっすよ。というわけで、あと正味2日ですが頑張りまっす。

イベント終わったら一日中ずーーっとコレをしよう。一キロくらいの道を作って何時間も走らせたい。意外と難しく、スピードとかモーションとかよくできてんなー。オモろ。

line rider : http://www.deviantart.com/deviation/40255643/

あと、カジ君のTOUR日記は要チェックですよ。

http://www.1fct.com/kajihideki/diary.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-09-26

デジカメ

Seitz6x17_1
Seitz 6x17 Digital
先日、DVDハンディカムを購入して そろそろデジカメも買い換えようかと。色々探して、これに決定。1億6000万画素 (7500x21250)で ISO10000、ファイルサイズは圧縮しなければ1枚約1GBらしい。値段45,500SHF!!!
もはやどっちがカメラでどっちが人間か分かりません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006-09-25

一週間切りました!(pt.2)

Kaji_p

カジヒデキ / http://www.1fct.com/kajihideki/index.htm

ASH / http://www.geocities.jp/ash_on_web/

HIRD / http://event.entertainment.msn.co.jp/club/hird/default.htm (msn)
http://www.bounce.com/interview/article.php/1587
(bounce)

村田シゲ / http://indahaus.exblog.jp/

秋山 隆彦 / http://www.1fct.com/downy/index.html

<DJ>
森野義貴 (HANDSOMEBOY TECHNIQUE) / http://www.secondroyal.com/}
RYOSUKE YOSHIDA(BREADISTA) / http://www0.yapeus.com/users/nurumayu/

カジバンド・メンバーです。上記ページで予習しといてくださいね。改めて皆さん凄い人たちばっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間切りました!

Tour_flyer_1

HIDEKI KAJI
"The Blues always dance blue tour - ツンドラ編"



さて、気付けば一週間を切りました!カジクンも最新日記に書いているようにDJもあります。機材リストを見てJB'Sの裏ボス、福山のドンMZTくんもセッティングに戸惑いながら「こりゃかなり本気だわー!」と当日は笑笑(クラブの上の居酒屋)がゆれる夜になること間違い無しのお墨付きをいただきました。

当日のライブは10時過ぎを予定しています。いつものクラブイベントでのライブよりもちょっと早めなので皆さんお気をつけください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006-09-24

昨夜は仕事してたらメッセンジャーが立ち上がってテニス・キャプテン宅へ行くことに。なにやってたかというとコレ。リアルでも毎週やってるだけにおもろい。展開とかわりとリアルでサッカー選手がウイイレやってた感じがなんとなく分かる。周りのウイイレ仲間達もどんどんコレに移っててすでにブームの予感。ダブルスの大会とかやったら上がるだろうなー。いち早く主催しようかな。

今日は福山で知らない人はあんまいないであろう飲食店を実家が営む横浜に住んでいる高校の友人のお父さん(店主)が勢いよく来店。週に何度かはお昼ゴハンを食べに行っててしょっちゅう顔は合わせてるんだけどおっちゃんが来るのは初めてでビックリ!何事かと思ったら、そのお店に食べに来てた10年くらい会ってなかった高校の友人をわざわざ連れてきてくれた。感謝。突然の再会にもビックリしたけど、頭の先から足の先まで10年前と一ミリも変わってなくて、さらにビックリした。そんなお店は自由軒。なに食べてもウマい。

| | コメント (5)

2006-09-23

引っ越しました。

てなわけで、so-netと決別をして引っ越してきました。よろしくです。最近はすっかり秋の気配がして、なんだかアンニュイ。といっても素晴らしく忙しくやること満載です。相変わらず雑誌を買っているのですが、編集長交代から迷走し続けたリラックスが休刊したり(もう復刊はないだろうな)、流行通信が全面リニューアルしたり(うーん…)、KINGっていう講談社が社運をかけてバカみたいな雑誌創刊したり(執筆人は興味深いけど絶対売れない)、キングオブロハスな雑誌ソトコトの別冊でエロハス(エロ+ロハス)が創刊したり(ちょっと楽しみ)、インビテーションは出る度に面白くなくなるし、smart maxは付録の無意味さにやっと気付いたり、なんだかんだまったくもって面白い雑誌が少なく恐らくよっぽど売れないのだろう。作ってる人は大変だろうな。そんな中よっぽど売れなかったであろうTOKIONもリニューアルされてて、これはちょっといい感じ。ROCKETの中綴じ特集とかあってなんだかちょっと懐かしいなー(ある意味新鮮)とか思ってたらcreative directorが藤本やすし氏だ。でも、これ買うターゲットって結局僕ら世代までで、それもかなり絞られるだろうな。ちょっと前に、宮沢章夫の『東京大学「80年代地下文化論」講義』(白夜書房)って本が出てて、ちょっと小難しく80年代のクラブカルチャー創成期を中心として(ピテカンとか)いかに需要でかっこいい時代だったか。というテーマを何も知らない昭和末期~平成生まれの東大生に講義をしたものをまとめてるんだけど、改めて興味深い。で、最近なんだかBACK TO 80'Sな感じというかその周辺を引っ張ってた人達の露出が多いような気がして、時代の気分はちょっとバブル的なのかも。ラフォーレも本気でリニューアルしたみたいだし。あと、ネットとか携帯が無かった時代とそれ以降で感性とかが完全に二分されるんだろうな。これは音楽にも同じことが言えて、なんにせよどっちをターゲットとして選ぶかがポイントのような気がする。

話は変わって最近読んだ漫画。どちらも短編ながら心揺さぶられる傑作です。

Suzuki 鈴木先生/武富 健治








Gaku 岳/石塚 真一

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年10月 »